こんな映画はどうでしょう?

いろんなシチュエーションに合わせた映画をコーディネートして解説、紹介します。例えば「三角関係になってしまった時」「上司に嫌味を言われた時」等々。あなたには『こんな映画はどうでしょう?』
PR
☆☆☆ご訪問いただきまして、誠に有難うございます☆☆☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] | トラックバック(-) | コメント(-)

変わりゆくバレンタインデー 

もう少しでバレンタインデーですが、贈ろうと思っていらっしゃる方は、
もうすでに準備されているんでしょうか。

個人的に感じたり体験してきたバレンタインを振り返ってみようと思います。
もちろん、バレンタインから浮かぶ映画も合わせて紹介しますが、まずは僕のバレンタイン史からです(笑)

一番古いバレンタインの記憶は小学5、6年のころで、ハート型のチョコをもらった事を覚えてますが、
この頃は小学生ということもあり、このハート型チョコが主流でした。
昼休みで校庭で遊んで帰ってきたら机の中に入ってました。
こういう事にまだまだ疎かった僕は、気づいて気づかないふりをして、
帰り際にみんなにバレないように、こっそりとカバンにいれたのをよく覚えてます。
手紙などは入ってなく、誰がくれたものかもわかりませんでしたが、
親に知られるのも恥ずかしくて、隠れて食べました(笑)

中学、高校になってからも、このハート型チョコはよく登場しましたが、
この頃になると「義理チョコ」をたくさん貰いました。
この時期には、手紙付きで手作りのものをいただいたこともありますが、
この頃の僕は女の子より男友達で遊んでる方が楽しかったのか、それとも照れがあったのか、恋愛という感情が相当に未発達だったので、まっすぐに受け止められなかったことが、今更ながら申し訳なく思ったりします。

20歳以降は、仕事先での義理チョコと交際相手からのプレゼントという感じで、
本来のバレンタインの「告白」みたいな事はありませんでした。

今でも、バレンタインデーを使った「告白」が、中学、高校であるんでしょうか。
でも、そういう年代で好きな人がいるのであれば、ぜひともしっかり渡してほしいものです。
どういう結果であれ、よい想い出になると思います。

ちょっと前置きが長くなりましたが、この次はバレンタインにおすすめしたい映画です。

スポンサーサイト
カテゴリメニュー
ブログ内検索
最新トラックバック


SEO対策:映画 SEO対策:コーディネーター SEO対策:恋愛 SEO対策:仕事 SEO対策:健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。