こんな映画はどうでしょう?

いろんなシチュエーションに合わせた映画をコーディネートして解説、紹介します。例えば「三角関係になってしまった時」「上司に嫌味を言われた時」等々。あなたには『こんな映画はどうでしょう?』
PR
☆☆☆ご訪問いただきまして、誠に有難うございます☆☆☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] | トラックバック(-) | コメント(-)

映画検定体験記 

私が映画検定の存在を知ったきっかけは、本屋で目に入った映画検定公式テキストブックでした。帯紙に「映画を知ることで、映画をもっと楽しもう!」のキャッチコピー。ぺらぺらとめくってみると、「見るべき映画100本」「知るべき映画俳優100人」などの目次。学生時代に友達と映画のクイズを出し合った、そんなことを思い出した。『よっしゃ、やってみよう!』ほんの数秒で心の中で決めてました。どうせ受けるなら『合格』したいので、公式テキストブックと公式問題集を購入した。

まずは腕試しで問題集をやってみた。全然ダメ…完全に不合格。映画の歴史、映像テクニック、映画ビジネスなどなど単に映画を沢山観てるだけの知識では全く不十分でした。本腰を入れてやらないと『合格』は難しいと思いました。でも、勉強するというのではなく、今まで知らなかった映画のことが分かって楽しみながら知識を得ることが出来ました。ただ、映画好きといっても興味のない部分もあるわけで、その辺は丸暗記するしかありません。

映画検定には1級から4級まであり、併願も可能。但し、1級は2級合格者のみ受験資格がある。1級は映画ファン達人コース、2級は映画ファン上級コース、3級は映画ファン初級コース、4級は映画ファン入門コースという設定。いろいろ考えた挙げ句、3級4級の併願を選びました。そんなこんなで受験票が届きました。

当日、試験会場になってた大学に1時間前に到着、人影はまばら。こんなマニアな検定受ける人は、もちろん少ないわなぁと思ってベンチで問題集を再確認している内に、次々とやってきて、結局会場は満員御礼でした。男女比は半々くらいでいろんな年代の方がいらっしゃいました。こんなに同志がいたのかと少し嬉しかった。
検定は45分間、60問、マークシート方式。合格ラインは70%の正解。つまり18問以上間違うと合格出来ません。午前中、まずは4級です。一問目、分かる、次も分かる…。いい滑り出しです。しかし、全く分からない勘頼りの問題も多数あり、自己採点では微妙なライン。そして終了。早めの昼食をとって午後からは3級。こちらは分からないか曖昧な回答しか出来ない問題がかなりあった。「落ちたな」でも面白かった?。4級だけでも何とか合格すればなぁと思いながら帰路についた。

なんやかんやで7月、映画検定の文字が入った封筒が…
薄い…やっぱり…
んっ、ご・う・か・く!!!なんとやりました。まさかっの3級4級ともに合格です。
両方とも点数はギリギリですが、合格でした。

tuuti.jpg
card.jpg
tuuti2.jpg
card2.jpg





私が受けた検定は2008年5月18日実施の第4回映画検定でした。
次は2級ですが、かなり難しそうなので少し様子を伺って、気合いが入りそうな時にまたチャレンジしてみます。

長ったらしい文を、最後までお読みいただき有難うございました。

映画検定を受けた方、これから受ける方に栄光あれ!


にほんブログ村 映画ブログへ←ブログの人気度チェック


【関連リンク】

映画検定 公式サイト


映画検定公式テキストブック [改訂版]映画検定公式テキストブック [改訂版]
(2009/04/02)
キネマ旬報映画総合研究所

商品詳細を見る

映画検定公式問題集―2級・3級・4級全300問映画検定公式問題集―2級・3級・4級全300問
(2006/04/22)
キネマ旬報映画総合研究所

商品詳細を見る




スポンサーサイト
カテゴリメニュー
ブログ内検索
最新トラックバック


SEO対策:映画 SEO対策:コーディネーター SEO対策:恋愛 SEO対策:仕事 SEO対策:健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。