こんな映画はどうでしょう?

いろんなシチュエーションに合わせた映画をコーディネートして解説、紹介します。例えば「三角関係になってしまった時」「上司に嫌味を言われた時」等々。あなたには『こんな映画はどうでしょう?』
PR
☆☆☆ご訪問いただきまして、誠に有難うございます☆☆☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] | トラックバック(-) | コメント(-)

スペースシャトルの乗船券を手に入れた時 

近い将来には1000万円以内で宇宙旅行が出来るようですね。もしかしたらもっと安くなるのかも…

宇宙から青い地球を実際に見たら、感動するでしょうね。
宇宙旅行ビジネスが栄えて価格競争になってくれば、どんどん値段も下がるんでしょうか。
500万円まで下がれば、一般庶民の間にでも「この間、宇宙旅行行って来て…」みたいな会話が「海外旅行の感覚」でされる時代が来るかもしれません。

ここで紹介する映画が宇宙開発の進んだ世界を描き、比較的リアリティのある仕上がりになったのは、原作者であるアーサー・C・クラークが科学者でもあり、実際に宇宙飛行士などとも親交が深かったことなども要因の一つだろうと思います。

スポンサーサイト
カテゴリメニュー
ブログ内検索
最新トラックバック


SEO対策:映画 SEO対策:コーディネーター SEO対策:恋愛 SEO対策:仕事 SEO対策:健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。